東京マラソンから一週間

東京マラソンから一週間経ちました。
トレーニングで足の甲が痛くなって、3週間くらい痛みが引かなくてその間サボってたので、完全に練習不足でした。
20代の頃は何も考えずに走って、それで何とかなっていたのですが、もう若くはないのですかね…。
年のせいとは思いたくないですが、今後は考えてトレーニングしていかないといけませんね。

今年は2017年、僕が初めてフルマラソンを走ったホノルルマラソンから12年が経ちました。
2005年、当時25歳でした。
ホノルルマラソンで仲良くなったお友達(40代・既婚女性)が応援に来てくれて、完走後お茶して帰りました。

男とはなんぞや?僕に男としての魅力はあるのか?
上記の女性とは10年来の友人であるのですが、男として見てもらってる感じがまったくしないので、機会を見つけて聞いてみようと思ってました。
その前に自らに問いかけ、あの頃は走っていたけど最近は走ってない。
戦士でない自分に気づき、再び走る生活に入ったというわけです。

台北マラソンが自分なりの挑戦で、東京マラソンはついでに申し込んだのですが、縁あって当選。
これも自分に「走れ」ということですかね。走ってる間に色々考えました。

東京マラソンの翌日、陰陽師密教阿闍梨の称号も持つ方のセミナーを受講。

僕にとって走ることは、密教の荒行に相当するかもしれない。
男としての可能性を探求するため、僕は走り続けよう・・・そんなことを考えてました。

400ml献血をしたので、若干ローテーションですが、呼吸を整え、ひとつずつ事を進めていきたい所存です。